Event is FINISHED

ワークライフシナジーへのチャレンジ_HR Café 2018

Description
1970年代、日本の高度経済成長を支えた先進国の新技術を輸入、
改良してきた「キャッチアップ型」の政策と諸制度。
これは同調圧力や忖度(そんたく)を生み、私たちの意識のより深くまで浸透、
成功を果たしてきました。

しかしながら、グローバルな社会で存在感を持ち、個性を発揮し、
より豊かな人生を楽しむためにおいて、
この枠組みは、私たちの大きな足かせになっているのではないでしょうか。

この変化に必要なのは、一人ひとりの「圧倒的な学び」と「自分で決める」ということ。

そして、会社、社会の支援が不可欠だと考えます。

今年のHRcafeは、産学官で活躍するユニークなスピーカーの方々と参加者のみなさまで、
この難題の解決策を探求し、次の行動へつなげていく場にしたいと思っています。

みなさまの「HR Café 2018」へのご参加をお待ちしております。


※お申込後のキャンセルは受付しておりませんのでご注意ください。
(ご都合の悪い場合は代理の方がご出席ください)

17:00- 日本の課題
日本の未来はみんなの行動の総和。その行動には、圧倒的な学びを通じた腹落ち
が必 要ではないでしょうか。マスコミの情報をうのみにせず、情報を集め、
自分で考える「くせづけ」が必要です。
人と違うアイデアで勝負するために必要な「圧倒的な学び」と「経験」による
選択肢の増し方について、みなさんとともに考えます。

出口 治明氏(立命館アジア太平洋大学(APU)学長)
田中 慶子氏(フリーランス通訳・エクゼクティブコーチ)

18:30- ワークライフシナジーへのチャレンジ
「閉塞感」を打破するために必要な「新しい働き方」働き方の多様で、
《ワーク》と《ライフ》の境界線はあいまいになり、企業人としての価値創出
のあり方、所属や報酬体系の考え方、マネージャーに求められる役割が大きく
変化しています。先行事例から、企業と個人とも利益 得るワークライフシナジー
の創出のあり方について、みなさんとともに考えていきます。

森本 千賀子氏(株式会社morich 代表取締役)
中根 弓佳氏(サイボウズ株式会社 執行役員 事業支援本部長 )
島田 由香氏(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長)
中田 元樹氏(DIK 代表、株式会社morich 働き方改革プロデューサー)

20:00- パフォーマンスを最大化させるリーダーシップについて考える
日本企業が変化の速い環境に適応しパフォーマンスを最大化していくためには、
従業員 ひとりひとりが自分自身考え、意思決定し、行動する主体的なリーダーシップを
発揮する ことが、これまで以上に必要となってきているのではないでしょうか。
そしてそれを牽引する、組織活性の鍵となるリーダーに求められていることとは
どんなことでしょうか。 いきいきとした組織づくり、そしてひとりひとりが
「変わる、チャレンジする」ということに ついて、みなさんとともに考えていきます。

谷本 美穂氏(グーグル合同会社 人事部長)
源田 泰之氏(ソフトバンク株式会社 人事本部 採用・人材開発統括部 統括部長)
島田 由香氏(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長)
寺杣 郁江氏(トランスコスモス株式会社 人材マネジメント統括部統括部長)

※詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.jshrm.org/jisyuken/gaiyou/hr-cafe

協賛:Windows女子部×JSHRM

企画・運営 椎野磨美 武田行子

Updates
  • Title was changed to "ワークライフシナジーへのチャレンジ_HR Café 2018". Orig#355721 2018-07-24 08:31:02
Thu Aug 30, 2018
5:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
1DAY_軽食付 SOLD OUT ¥6,000
Venue Address
港区 西新橋2-3-1 マークライト虎ノ門9F Japan
Organizer
HR Café 2018 日本の未来は明るいか 企業価値の創造
184 Followers